公開日:2015年12月19日

離乳食、初期、中期、後期の上手な献立・食事づくりのアドバイス

目次

はじめに

離乳食を作るにあたって、「献立のレパートリーに困る」、「毎日同じような献立になってしまう」といった毎日の献立作成に関する悩みを、解決できたらと思います。

保育園で働きたい人は 管理栄養士求人を保育園で探す をご覧ください。

離乳食の調理形態(固さ・大きさ・形状のめやす)

初期(5・6か月頃)	中期(7・8か月頃,後期(9~11か月頃)調理形態,なめらかにすり潰した状態	舌で潰せる固さ	歯ぐきで潰せる固さ,調理形態,固さ,大きさ・形状,調理に便利な器具,ポタージュ状から,ヨーグルトくらい指で軽く潰せる(親指と薬指で潰せる),例:豆腐くらい,指で少し強い力で潰せる(親指と示指で潰せる),例:バナナくらい,粒のないペースト状から少しずつ濃度をつけるように潰す,・粗く潰したり、5~7㎜くらいのさいの目に切る,・麺などは、1㎝くらいの長さに切る,・1~1.5㎝くらいのさいの目に切る,・にんじん・だいこん等をスティック状に切る,(これは、手づかみ食べを促します),少量をうらごしたり潰すとき,⇒うらごし器・すり鉢・すりこぎ棒・すりおろし器・マッシャー・果物用スプーン・泡立て器・フードプロセッサー・ハンドミキサー・ジューサー等,	粗く潰すとき,⇒フォーク,少量を焼くとき,⇒オーブントースター等,適当な大きさに切るとき,⇒キッチンバサミ・スライサー・ゆで卵カッター等,

初期(5・6か月頃)のポイント。
  • つぶし粥からはじめましょう。
  • すり潰した野菜なども試してみましょう。
  • 慣れてきたら、潰した豆腐・白身魚なども試してみましょう。
中期(7・8か月頃)のポイント。
  • 1日2回食にしましょう。
  • たんぱく質の豊富な食品と野菜を組み合わせて栄養バランスをとる習慣をつけましょう。
  • 暑いときは水分の補給に配慮しましょう。
後期(9~11か月頃)のポイント。
  • 順調なら1日3回食に進んでみましょう。
  • 大人の食事を利用して献立に変化をつけましょう。
  • 鉄分を多く含む食品を摂るように心がけましょう。
  • 暑いときは水分の補給に配慮しましょう。

離乳食に使用できる食品。

初期(5・6か月頃)	中期(7・8か月頃),	後期(9~11か月頃)穀類,いも類,たんぱく質食品,野菜,海藻類,果物,米,食パン・そうめん・うどん,マカロニ・スパゲティ,じゃがいも	さつまいも	さといも,豆腐,うずら豆(皮なし),納豆・大豆白身魚,(かれい・ひらめ・しらす干し等),赤身魚,(さけ・まぐろ・かつお),鶏肉,(ささみ等),レバーペースト,青魚,(いわし・あじ・さば・さんま等),豚ひき肉,牛ひき肉,レバー,ヨーグルト,チーズ(パルメザン),カッテージ,クリーム,たまご(卵黄~全卵の1/3),たまご(全卵の1/2),牛乳(料理で),にんじん・かぶ・だいこん・かぼちゃ・トマト・ほうれん草・小松菜・たまねぎ・ブロッコリー(葉先)・白菜・キャベツ等	なす・きゅうり・カリフラワー(葉先)・グリーンアスパラガス等,長ネギ・にら。レタス・ピーマン・、もやし。しいたけ等,わかめ,のり・ひじき,バナナ・りんご・みかん・いちご等,柿・桃・梨・いよかん等,キウイ・ぶどう・メロン等

バランスの良い献立のポイント。

    体を動かすエネルギーとなる糖質(黄色の食品群)、血や肉となるたんぱく質(赤の食品群)、体の調子を整えるビタミン(緑の食品群)の3つの栄養素を含む食材を組み合わせるようにします。

    主食・主菜・副菜・汁物をそろえます。

  • 主食
  • 米、パン、めん類(黄色)
  • 主菜
  • 魚・肉・たまご・大豆製品、乳製品(赤)
  • 副菜・汁物
  • 野菜、果物、海藻、きのこ等(緑)
  • 毎食のバランスが完璧でなくても、2~3日単位で整えるように考えます。

離乳食の調理形態表、離乳食に使用できる食品表を見ながら、毎日の献立を組むことで重複を防げます。

また、その日に作った献立をメモに残すことにより、翌日と献立が被ることが防げます。 様々な食品を組み合わせることは、偏食を防ぐことにもつながります。

可能であれば、一週間分の献立をリストアップしておくと、栄養バランスもとれ、被らない献立作成ができます。

「今日は○○が食べられたな♪」

「明日は○○に挑戦してみよう♪」

など、お母さんが楽しんで献立を作ることが大切です。

離乳食初期(5・6か月頃)の献立例。

1日目,つぶし粥,白身魚のだし煮,ほうれん草2日目,にんじん粥,豆腐のすりながし,ブロッコリーとたまねぎの和え物3日目,つぶし粥,しらすと小松菜のスープ,すりおろしりんご,4日目,かぼちゃ粥,白身魚と大根のうま煮,白菜のすまし汁,5日目,つぶし粥,豆腐とブロッコリーのミルク煮,にんじん,6日目,ほうれん草としらすのおじや,白身魚とキャベツの煮込み,バナナミルク,6日目,ほうれん草としらすのおじや,白身魚とキャベツの煮込み,バナナミルク,7日目,つぶし粥,豆腐と野菜の具だくさんスープ,小松菜

離乳食中期(7・8か月頃)の献立例。

1日目,おかゆ,鶏肉のうま煮,(ささみ・じゃがいも・たまねぎ),野菜スープ,(にんじん・ほうれん草・かぶ)2日目,ミルクパン粥,白身魚の洋風煮,(白身魚・トマト・たまねぎ・ブロッコリー),みかん,3日目,さつまいも粥,鮭のミルク煮,(鮭・白菜・にんじん・小松菜・粉ミルク),すまし汁,(わかめ・たまねぎ),4日目,野菜たっぷりそうめん,(そうめん・にんじん・たまねぎ・ほうれん草),キャベツと鶏肉の煮物,すりおろしりんご,5日目,おかゆ,鶏と野菜の煮物,(ささみ・にんじん・白菜・だいこん),なすの味噌汁,(なす・たまねぎ・味噌汁の上澄み),6日目,洋風うどん,(うどん・ささみ・トマト・たまねぎ・小松菜),まぐろのだし煮,きゅうりとにんじんのサラダ(きゅうり・にんじん・パルメザンチーズ),7日目,うまおじや,(おかゆ・ささみ・にんじん・たまねぎ),煮奴,野菜スープ,(ほうれん草・かぼちゃ・だいこん)

離乳食後期(9~11か月頃)の献立例 ※昼食の献立例。

1日目,五目あんかけ粥,(おかゆ),五目あんかけ粥の具,(豚赤身・はくさい・にんじん・しめじあおのり),春雨のうま煮,(はるさめ・小松菜・にんじん),豆腐スープ,(豆腐・わかめ),きなこバナナ,(バナナ・きなこ(大豆))2日目,おかゆ又は軟飯,豆腐のうま煮,(豆腐・ささみ・にんじん・キャベツ),味噌汁,(さつまいも・にんじん・味噌汁の上澄み),―,りんごゼリー,3日目,パン粥又は食パン,チキンのクリーム煮,(ささみ・粉ミルク),チキンのクリーム煮の野菜,(たまねぎ・にんじん・じゃがいも・きゅうり),―,おかかおにぎり,(ご飯・鰹節・粉チーズ),4日目,おかゆ又は軟飯,ちゃんちゃん煮,(鮭・たまねぎ・キャベツにんじん),かぼちゃの含め煮,和風スープ,(にんじん・麩・わかめ),ヨーグルト,5日目,さつまいも粥,高野豆腐のそぼろ煮,(凍り豆腐・ささみ),そぼろ煮の野菜,(にんじん・青梗菜・たまねぎ),味噌汁,(わかめ・もやし・味噌汁の上澄み),チーズ蒸しパン,(ホットケーキミックス・粉ミルク・粉チーズ),6日目,おかゆ又は軟飯,マーボー豆腐,(豆腐・ツナ缶・にんじん・あおのり),スティックきゅうり,―,乳児用せんべい,7日目,根菜うどん,(うどん),根菜うどんの具,(ささみ・にんじN)・だいこん・さといも・小松菜,コロコロベジタブル,(じゃがいも・にんじん・きゅうり・粉チーズ),―,フルーツポンチ,(みかん・いちご・桃)

このように、3つの食品群に分けて食材を当てはめていくと、バランスよく献立が組め、1週間の中で様々な食材を食べることができます。

後期食に入ってからは、大人の献立を上記のように1週間分決めて、離乳食に応用するという形でも良いと思います。

少しでも参考になり、楽しく離乳食を作ることによりお母様とお子様の絆がより深まることを心から願っております。

ページTOP