• 地球は丸い。
    HOMEに戻るわ。

公開日:2015年12月20日

公開日:2015.12.20

現在、我が国の高血圧人口は4300万人に上るとも言われていますね。高血圧は腎臓病、心疾患、大血管疾患、脳卒中など重篤な疾患を誘発すると言われています。高血圧性合併症による死亡率の上昇を阻止する為、発症予防と進展防止の為の標準的治療法が重要です。高齢化社会の急速な進行、食の欧米化等が進む社会に於いて、エビデンスに基づいた高血圧治療の対策と予防は急務となってきています。ここでは高血圧の疫学を十分理解したうえで、治療の基本方針、食事療法、対象者毎の治療のポイントについて・・・・・・

高血圧症の個別栄養指導パンフレットの作り方
・・・続きを読む

公開日:2015年12月21日

公開日:2015.12.21

栄養状態の評価をおこなう際、臨床分野における専門的知識を習得したうえで問診や臨床診査に臨むほうがより正確な評価ができますね。たとえば、臨床診査におけるバイタルサインの把握には、体温の一般的な範囲は36℃ 0℃~37℃ 0℃に対し、微熱、高熱が何℃のことをあらわしているのか、また、発熱が続くと食事摂取量の減少や必要エネルギー量の上昇により、栄養状態の低下と脱水に注意する必要があること、それほかにも、臨床診査における問診での把握には、糸球体腎炎やうっ血性心不全、肝硬変などの既往、現病歴から全身性浮腫を考慮するなど、専門的知識から栄養状態にどのように繋がっているかを理解できるとより効果的な栄養管理つなげることができ・・・・・・

栄養ケアに必要な問診、栄養アセスメントをおこなうための評価項目
・・・続きを読む

公開日:2015年12月19日

公開日:2015.12.19

病院で働く上で診療録は重要なもの。もしあなたが病院で働いていて診療録の重要性が掴めていないようなら。このページは参考になるわ。覚えておいて損はないから詳しく解説するわね。ここでは栄養指導に欠かせない診療録の事を解説したいと思います。管理栄養士が活躍できる場は近年大きく広がり、医療現場で働く管理栄養士には、病態の正確な理解と栄養状態の的確な評価を基にした栄養管理を行うことが求められ・・・・・・

栄養指導に欠かせない診療録の読み方
・・・続きを読む

公開日:2015年11月24日

公開日:2015.11.24

ここでは調理には欠かせない大量調理マニュアルの使い方いついて説明するわね。これを読めば保健所の検査にも焦らず正確に対処できるから必要な人は何度も読んでね。大量調理マニュアルって何?正式には大量調理施設衛生管理マニュアルと言います。厚生労働省が法律に基づいて作成したもので、同一メニューを1回300食又は750食提供する調理施設に適用するとありますが、その基準に満たしていない施設でも必要に応じてこのマニュアルを使用して調理を行う調理施設は多く存在しています。内容は調理施設での食中毒防止に重点を置いた基準値や衛生的に調理操作を行う為の調理作業場の区分、調理食材の保存方法などが書かれ・・・・・・

栄養状態の評価。SGAから把握する
・・・続きを読む

公開日:2015年12月16日

公開日:2015.12.16

栄養ケアは、問診、臨床診査、臨床検査、身体計測および食事調査等を用いた栄養スクリーニングによって、対象者のなかから有リスク者を抽出することからはじまります。個々の栄養状態を評価した結果に基づき、健康の維持と食生活に関連する問題点を捉え、これを解決していくための栄養ケアプランを対象者とともに作成します。実生活に取り入れた結果や経緯をモニタリングし、その成果をフィードバックすることが栄養ケアの流れといえます。栄養スクリーニングとは。集団のなかから健康を損なっていると疑われ、精密検査を必要とする者、および発病している者を選び出す医学的なふるい分けのことをいいます。このふるい分けが対象者の栄養状態を障害するリスクの有無を判断し、低栄養状態のリスク判定の基準となり・・・・・・

栄養スクリーニング。栄養ケアマネジメント(栄養状態のリスクわけ)について
・・・続きを読む

公開日:2015年12月14日

公開日:2015.12.14

我が国の血液透析患者数は30万人を超え、現在も尚増加傾向です。糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性腎炎が原因となった慢性腎臓病(以下CKD)であり、CKD対策に力を入れていくことが新規透析患者減少に有意であると認識されています。CKDは末期腎不全や心血管疾患(以下CVD)に進行する危険性が高く、早期発見と対策が必須です。CKDステージ1~3では自覚症状は見られないことが多く、医療機関を受診されることも少ないのが現状です。しかし、この時期こそ管理栄養士による栄養指導、栄養介入が効果的で進展防止に必須といえます。ステージ4~5では、既に腎機能は3分の1以下に低下しており、進展防止は困難でありいかに現状維持できるかがポイントとなってきますので、やはり管理栄養士の支援は必要です。 CKDの栄養指導ではステージ、レベルに応じて食生活を支援していくことが求められており、管理栄養士の果たす役割は大きいと言え・・・・・・

CKD(慢性腎臓病)ステージ別個別栄養指導パンフレット作成方法や定義
・・・続きを読む

公開日:2015年12月14日

公開日:2015.12.14

病院では入院患者に、施設であれば入所者の全員を対象に、栄養スクリーニング、栄養アセスメントをおこない、低栄養状態を判定します。その結果をもとに、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士や言語聴覚士、管理栄養士など他職種協働で栄養ケア計画を作成し、計画に沿ってモニタリングしながら栄養ケアを進め、必要に応じて計画を変更していきます。栄養状態が改善し、栄養ケアが不要になれば一旦中止とするか、さらなる栄養改善が望める場合には栄養ケアを継続します。これが一連の流れであり、栄養ケア・マネジメントといいま・・・・・・

栄養ケア・マネジメントにおけるモニタリング
・・・続きを読む

公開日:2015年12月14日

公開日:2015.12.14

集団栄養指導をおこなう前に。集団栄養食事指導の目的の第一は、その疾患の基本的な知識や食事療法などを多人数に伝えることです。管理栄養士 が個人や集団を対象として集団栄養指導・教育を実施することで、知識の理解や習得だけではなく、より良い食行動や食習慣への行動変容を導きだせる力が求められています。しかし、個人あるいは集団に集団栄養指導をおこなうとき、それぞれに対して集団栄養食事指導は一律な栄養食事指導の側面が大きいです。それは対象者のライフステージによって、身体的・精神的状況が大きく異なっていることが影響します。さらに、食行動は、経験や社会的・経済的な影響を受けて獲得されるものであり、単なる知識教育をおこなうだけでは、対象者の食行動の変容には至らないことが多いです。

集団栄養食事指導のポイント。個別栄養食事指導との違い
・・・続きを読む

ページTOP