管理栄養士、栄養士が辞めたい仕事の悩み。解決できる方法

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 仕事を辞めたいと悩まれている方

対象者の方は続きをお読みください。

エリアから求人を探す

私の友達、栄養士辞めちゃったよ~!!!
辞めたい理由は様々だわ。
でも、辞めたくなる理由を分かっておくだけで対処が出来たりする場合があるんだよね。  

管理栄養士、栄養士辞めたい理由

ケース①

同じ職種が職場に少ない、または一人

同じ栄養士の先輩・同僚などもいることが少ないので、自分で決断しなければならないことが多いため、責任の重い仕事である事が辞めたい理由になる場合があります。

また、先輩がいないと教育もしてもらえないので 自分で勉強していくことや調べながら仕事をしなければ ならず負担に思う栄養士も多いでしょう。

また、他の部署との人付き合いも自分で構築しなければなりません。

職場ではドクターやナースにー

  • 「この方に栄養指導を行いたいのですが、どうでしょうか?」
  • 「この方の食事は脂質異常食に変更した方が良いと思うのですが、どうでしょうか?」

ーなどいろいろな相談やお願いなどがあります。

そういう時に普段からコミュニケーションが取れていると、相談しやすいと思いでしょう。

どう仕事を覚えたいか知りたい人は1人職場が多い管理栄養士、栄養士。仕事どうやって覚えたの?をご覧ください。

また、
体調がすぐれない時や子供の都合で仕事を休まなければいけない時も同じ職種の方がいないと代わりに仕事をしてもらうことができないため、仕事が回らなくなってしまう事もあります。
その為どうしても仕事を続けられない事もあるでしょう。

ケース②

立場上、年上の人に指示しなければならない

新卒で栄養士が働き始めるとその年齢の多くは20代となりますが、調理員として働かれている方は50代、60代など年齢層も高く、経験が長い方が多いです。

しかし、 栄養士の立場上、献立通りに作ってもらえるように指示し、間違った作り方、不衛生なことをしていたら指摘しなければなりません。

例えばー

  • 「この食事は前回この作り方では、患者さんに不評だったので、今回はこちらの作り方でお願いします。」

ーなどがあると思います。

自分の主観ではなく、患者さんのご意見などは、すんなり受け入れてもらえることもあります。

しかし、
年上の経験のある方には、指摘しづらいこともあり、とても気を使ったり、言い方次第では調理員の方の機嫌を損ねてしまうことがあります。
このような事は、精神的にも負担になり、仕事を辞めたい理由につながる事があります。

ケース③

仕事の種類が多い

例えば 病院栄養士 で働くとなるとー

  • 献立業務
  • 発注業務
  • 栄養指導
  • NST業務
  • 各委員会の出席
  • 電子カルテ
  • 勉強会の開催
  • 回診
  • 給食会議の運営
  • 嗜好調査

ーなど栄養士は一つの職場に一人、もしくは数人しかいない場合が多いです。

このような内容をそれだけの人数でこなさなければなりません。

人数が少ないのでどうしても一人に割り当てられる仕事が多いと日々の仕事をこなすことや、把握することも、大変であるため、どうしても、時間外業務などが多くなってしまったりして、肉体的にも精神的にも、疲れてしまうことが多いと思います。

ケース④

結婚や出産など

栄養士は不規則勤務や時間外業務なども多く、家庭をもつと、子供の保育園の送り迎えや子供の行事などの時間に間に合わなかったりして、家族に負担をかけてしまい、仕事を続けにくいこともあります。

また、妊娠・出産のための産休を希望しても、その職場に栄養士が少ないため産休代替えを求人募集しなければなりません。

また妊娠・出産の期間の限定された期間の産休代替えの方は見つかりにくく、 職場に負担をかけてしまうことから、仕事を継続しづらい 事もあるでしょう。

ケース⑤

理想としていた仕事内容と違う

栄養士として勉強をして資格を取得し、就職しても、その職場によって全く仕事内容が変わります。

料理や献立作成がしたくて栄養士として就職しても、その職場の給食は委託されていたりしていると、委託会社の管理業務などに仕事が限られる事もあります。

その場合は、料理や献立作成は委託会社の管理栄養士、または栄養士が行うため、給食業務に関われず、栄養指導や患者対応が主な仕事となります。

また、その逆もあり、栄養指導や患者さんとのふれあいを希望して就職しても、その就職先によっては、調理業務のみや献立作成、発注業務しか行えない事もあります。

そうすると、 自分の理想としていた仕事内容と違うと思い、自分の理想とする他の職場で働きたいと考え、辞めたい気持ちも出てくると思います。

ケース⑥

給料が安すぎる

栄養士がいることでその施設の食事が豊かになったり、おいしくなったり、食中毒を防いだり、患者さんへ栄養指導ができたりと言ったメリットはあります。

しかし、
栄養士は栄養指導料などの診療報酬なども安価で、給食費なども安いため、栄養士がいることでその施設の収入が直接的にあがるということもなく そのため、なかなか給料が上がりにくいと言う事があるでしょう。

ケース⑦

勤務時間が曖昧

食事は3食朝昼晩あるため、どうしても、勤務時間が朝早かったり、夜遅かったりがあります。

また残業などもあるので、勤務時間が曖昧で、家庭などを持つと、どうしても仕事を続けられないということもあるでしょう。

上記理由で栄養士や管理栄養士を辞める人がいるのは確かです。
しかし、
やりがいを持って、楽しんで栄養士や管理栄養士で働いている人も沢山います。  

厳しい言い方になってしまいますが、 自分が何をしたいのか が重要になってきますー

  • 食の安全と健康を与えたい
  • 食に対して知識と経験を深めたい
  • 家庭と仕事を両立させたい
  • 安定した生活を手に入れたい

ー理由は様々です。

そして、すべて大事な事です。

この人たちの中には転職を数度繰り返し自分の理想の職場を見つけた人も沢山います。

もしあなたが上記理由で辞めたい、辞めた人でもきっちり管理栄誉士、栄養士の求人を探すことで理想の職場が見つかるはずです。

仕事の悩みを少しでも解決する1つの方法

上記では管理栄養士、栄養士の仕事の悩みから辞めたい理由について解説しました。

もしかしたら今このサイトを見ているあなたも当てはまったものがあったかもしれません。

しかし現実の考え方として全ての悩みがない職場を探すのは難しいと言わざるえません。

管理栄養士、栄養士の仕事を継続して辞めず続けることを前提に考えれば大事なことは1番自分が嫌だなと思う悩みをはっきりさせておくことです。

仕事は仕事と割り切り自分自身が我慢できる範囲とできない範囲を把握すること。

仕事を継続できるポイントになります。

その上で就職先を探す事は非常に重要です。

仕事探しの方法

仕事を探す上でおススメしたいのは当社が行っているような求人サイトを利用することです。

無料という事もありますが、それよりも1番利用する価値が高い理由はー

チェック!!

「間にエージェントが入ることで自分では聞けないことや給料の事を本音で聞くことが出来る」

ーです。

この部分は非常に大きい部分だと自負しています。

例えばハローワークなどで就職活動をする際すべて1人で行いますね。

今まで転職をしたことある人は思い返してほしいのですが、1人で行うと自分が感じている色んな事が聞けずじまいに終わることは多いはずです。

それはー

チェック!!

「こんなこと聞いて心象を悪くしたらどうしよう」

ーこういった心理が働くからです。

働く身として1番聞いてみたいことー

  • お金の事
  • 休日の事
  • 福利厚生の事

ーなどなど、ズバズバ本音で聞ける人のほうが少ないように思います。

でも実際は非常に大事です。

それに 職場の人間関係が良好かどうかも企業に聞いても悪いとは絶対に言いません。

チェック!!

しかし転職エージェントは第3者機関です。

少しでもあなたの理想の職場を探す事に全力を尽くすことが仕事になります。

なのであなたが聞けない部分や雰囲気や人間関係など含めて出来るだけ現実の情報をお届けします。

もちろん伝えていた情報とのギャップがあることもあります。

しかしあなたが1人で就職活動するよりも現実に近い情報を提供できることは事実です。

これが理想に近い仕事探しをするのに転職エージェントを使ったほうが良い理由です。

まとめポイント!!

もしあなたが仕事で悩んでいて転職しようか、辞めようか悩んでいる場合は、是非、転職エージェントに登録してみることをお勧めします。

このサイトではなくてもよいと思います。

きっとお役に立てるでしょう。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

エリアから求人を探す

関連ページ

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

施設に問い合わせてみる
よくある質問


HOME
に戻る


ページ
TOP