管理栄養士は何年程勤めて転職するべき?経験年数を重ねたほうが良い?

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 転職は視野に入れているがまだ働いた期間が短いので躊躇している人

対象者の方は続きをお読みください。

ここではー

目次

ーこれらを解説します。

経験年数が少ないと転職に勇気が必要

管理栄養士、栄養士として前職も今の職場も1年未満ということがあり、転職はしたいけれど、今後の様々な影響を考えると経験年数を重ねた方がよいのではと感じて決断できない・・・そういう栄養士も少なくないと聞きます。

管理栄養士、栄養士は転職を視野に入れても経験年数を重ねたほうが良いのか?その辺りをまとめてみました。

管理栄養士、栄養士はどんなタイミングで転職すべき?

管理栄養士、栄養士の人が転職するにしてもタイミングは大切です。

ではどんなタイミングで転職するのが良いのでしょうか?

雇用者側からすれば、何かしらよほど問題のある栄養士でない限り長期間雇用したいと思うものです。

スタッフの応募が多い職場は応募者からの心証を悪くしますし、口コミなどでも悪評が出やすくなります。

また、折角慣れたところで抜けられると新たな入職者にまた一から指導する手間が増え、かえって労力を要する為です。

それでも働く側からすれば少しでも良い条件、納得した業務内容で栄養士として働きたいことや、退職する際にトラブルなく円満退社できるようにすることは大切です。

一番良いのは、年度末など切りのいいところで退職するのが、退職の際にも転職の際にも良いのは間違いありません。

また、 結婚 や出産などを機にというのは、雇用者側も「退職の可能性があるかもしれない」と多少覚悟をしている(心の準備ができている可能性がある)こともあり、比較的スムーズです。

ただし、結婚や出産のタイミングで転職すると、本人は色々なことが慣れないばかりか、

  • 新しい職場で精神的に辛いこと
  • 体調不良等による休職
  • 有給休暇が入職直後はもらえないこともあって欠勤扱いになる

などいきなり迷惑をかけることになり兼ねないので、 様々な覚悟は必要になるでしょう。

しかしながら、いい条件での募集、転職の機会があった際に退職を考える場合、切りのいい時期まで待てないケースもあります。

事業者側への迷惑がかからないタイミングと自分にとっての良いタイミングとは必ずしも一致しません。

管理栄養士、栄養士として転職を考え、良い職場が見つかったのであれば、少なくとも 3か月以上前には直属の上司に退職の意志をきちんと伝えておくのは最低限のルールでありマナーです。

ポイント!!

何か新しい業務を任されそうな場合や、事業者側から資格取得の為の出張指示などが出る場合もなるべく早く退職の意志を伝えておきましょう。

結婚については管理栄養士は結婚を機に転職するほうが良い?既婚者は不利?をご覧ください。

具体的なベストタイミングは?

前項では自分自身が転職したいと考えた場合、事業者側とトラブルなく退職できるタイミングを示しました。

栄養士としては何年程度勤めてから転職するのが良いのか?タイミングや栄養士としての知識、レベルなどの目安といったことについて以下にまとめてみました。

栄養士の資格しかないのであれば、少なくとも 管理栄養士の資格を取得してから転職するのが良い のですが、例えば管理栄養士の国家試験の勉強をする時間もないほどの劣悪な職場環境であれば資格取得を待たずして退職、転職するのも良いでしょう。

少しでも環境の整った職場で管理栄養士の資格取得に向けて取り組んだほうが資格取得の近道となることでしょう。

基本的には転職は ステップアップの為 と心得え、管理栄養士の資格取得が難しくても、 何か一つでも新たな資格などを取得 しておくのも転職の際、有利になるでしょう。

病院栄養士から別の病院の栄養士への転職の場合なども、職場を変わる意味、理由が明確なほうが良いので、 新たな資格(例:糖尿病療養指導士や認定栄養士)を取得 し、その資格を活かしていきたい為にその分野の専門医がいる病院に転職・・・といった具合だとベストです。

また、勤めていた病院で学会発表や論文、著書を発行した場合、例えそれが共同であったとしても採用に際してはプラスとなるので、先輩栄養士が発表する場合は積極的に補佐に入り共同者として名前を入れてもらえるようにしておきましょう。

資格がない、共同者として名前が挙がらないといった場合でも、 可能な限り臨床栄養管理に携わる ようにしておきましょう。

委託栄養士から直営に転職する場合は、委託会社の計数管理(労務費や食費、諸経費の月報や、委託契約等)が把握できてから転職すると、 新しい職場で給食委託していた際に、委託会社のノウハウを把握していることは強みになります。

チェック!!

直営の栄養士しか雇用していない施設などでは、給食委託のノウハウを学んでいる栄養士は重用されます。

また、計数管理は行っていなかった場合でも、少なくとも給食経営管理論については熟知していることは大切です。

直営で給食委託を行っていれば必ず給食部門の管理を行う必要がある為です。

新たに働く職場が給食委託していない場合でも、新人時代は給食管理業務からのスタートになることが多いと思われます。

ポイント!!

その際に献立作成、発注、日計表、食糧構成表、在庫管理といった給食管理の書類ができることや、給食管理システムが使いこなせることは最大の利点と言えます。

求人広告などに「給食管理システムの使用経験がある場合優遇」という条件を目にすることもあります。

つまり、給食委託会社で勤めているが、近々直営の栄養士に転職したいと考えている場合は、 率先して計数管理や給食管理業務 を学んでおいたほうが良いということです。

先輩栄養士がいて、自分はそういった業務に携わっていない場合でも、必ず理解できるよう先輩に教わるなどして勉強しておきましょう。

まとめポイント!!

何年勤めたら転職としてベストというタイミングはあってないようなものとも言えます。

雇用者側へかける迷惑が最低限ですむタイミングや円満退社できるタイミングと、自分にとってのベストなタイミングとは必ずしも一致しないこと、 今置かれている環境でタイミングを考慮することが難しい場合もある為です。

それより、転職する際のことを視野に入れてー

  • 今何をし
  • 学んでおくか
  • 関わっていくか

ーということが大切と言えます。

直営、委託のそれぞれの立場で強みになることが必ずあります。

それを 最大限活かせるような関わりをしておくことで逆に、いつでも転職のベストタイミング、チャンスになり得るということです。

仕事探しの方法

仕事を探す上でおススメしたいのは当社が行っているような求人サイトを利用することです。

無料という事もありますが、それよりも1番利用する価値が高い理由はー

チェック!!

「間にエージェントが入ることで自分では聞けないことや給料の事を本音で聞くことが出来る」

ーです。

この部分は非常に大きい部分だと自負しています。

例えばハローワークなどで就職活動をする際すべて1人で行いますね。

今まで転職をしたことある人は思い返してほしいのですが、1人で行うと自分が感じている色んな事が聞けずじまいに終わることは多いはずです。

それはー

チェック!!

「こんなこと聞いて心象を悪くしたらどうしよう」

ーこういった心理が働くからです。

働く身として1番聞いてみたいことー

  • お金の事
  • 休日の事
  • 福利厚生の事

ーなどなど、ズバズバ本音で聞ける人のほうが少ないように思います。

でも実際は非常に大事です。

それに 職場の人間関係が良好かどうかも企業に聞いても悪いとは絶対に言いません。

チェック!!

しかし転職エージェントは第3者機関です。

少しでもあなたの理想の職場を探す事に全力を尽くすことが仕事になります。

なのであなたが聞けない部分や雰囲気や人間関係など含めて出来るだけ現実の情報をお届けします。

もちろん伝えていた情報とのギャップがあることもあります。

しかしあなたが1人で就職活動するよりも現実に近い情報を提供できることは事実です。

これが理想に近い仕事探しをするのに転職エージェントを使ったほうが良い理由です。

まとめポイント!!

もしあなたが仕事で悩んでいて転職しようか、辞めようか悩んでいる場合は、是非、転職エージェントに登録してみることをお勧めします。

このサイトではなくてもよいと思います。

きっとお役に立てるでしょう。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

関連リンク

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP