管理栄養士としてスキルの積み方。将来的に強いスキルの学び方

管理栄養士の烏丸さゆりです。

今回は下記の方が対象にお届けします。

  • 管理栄養士、栄養士として将来のことを見据えたときにどんなスキルを身につければよいか分からない

対象者の方は続きをお読みください。

このままでいいの?

念願の栄養士として勤めることが叶ったのはいいけれど、日々の業務と言えば配膳や簡単な事務仕事ばかり。

「このまま同じ職場で同じ仕事を続けていて、果たして栄養士としてこれでいいのか?このまま続けるべきなのか?」

そんな悩みを持っている栄養士は多いようです。

でもー

  • 「日々調理現場での作業、簡単な書類ばかりを行っていて自分の強みも分からないし、転職するにしても不安ばかりが募る・・・。」

そんな栄養士が将来的に汎用性がきき、また再就職しやすいことを重点的に置いたときに、今やっておくべきこと、結婚するまでにどんなスキルを身に着けどういう職種や職場で働くべきなのかをまとめてみました。

目次

将来どんな職場に転職したいか?

まず、自身が栄養士として今後どんな仕事をしたいか?

どんな職場で働きたいか?

着地点を早く見つけることです。

それによってやるべきこと、どんなスキルを身につけていくと効率的かということが変わってきます。

例えをいくつか示してみます。

老人保健福祉施設

あなたが高齢者栄養を管理していきたい、従事したいと思っているのであれば 介護保険に強くなければなりません。

介護支援専門員の資格を取得するのもいいでしょう。

栄養ケア・マネジメント業務を行ううえで栄養計画書が作成しやすくなりますし、業務の一連の流れをいち早く理解するにも介護保険の仕組みが分かっている方がスムーズです。

調理現場では、勤めている職場が嚥下食を提供しているのであれば、その調理法などは積極的に学んでいきましょう。

「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類」を理解しつつ調理もできるのであれば、百人力です。

高齢者社会の現在は、老人保健福祉施設でなくとも高齢者に関わることは多いはずです。

これからの時代、嚥下食の知識が深くて損することはありません。
嚥下食の学びが深い場合、障害児施設への再就職の路も視野に入れることができるでしょう。
様々な可能性が広がります。

老人福祉施設の求人を探してみる人は 管理栄養士求人プロ をご覧ください。

引用元: 医療法人錦秀会 阪和第二病院

病院

病院での栄養士業務は幅広いです。

栄養指導や褥瘡対策など含めた入院患者の栄養管理、厨房の衛生管理始め感染対策・・・等々。

病理学、臨床栄養に強いことが望ましいですが、 実際は教科書で学ぶようにはいかないことが殆どです。

漠然と教科書をおさらいしていても 現実的には身に付くスキルとは言い難いものです。

また、糖尿病療養指導士などの資格を取得したいと考えても、病院での実務経験や患者会への所属がないと 受講(受験)資格がありません。

転職した場合のことを考えて早めにどこかの糖尿病の患者会に所属させてもらっておくのも良いでしょう。

勤めている職場に患者会が存在するのであれば、給食委託会社の栄養士だったとしても積極的に入会しましょう。

患者会に参加することで得られる知識はとても大きいものです。

栄養サポートチーム加算など、栄養士が必要研修を修了していないと加算算定が認められていないものもありますので、NST稼働認定施設に研修を受けに行くなどしておくのも良いですが、 実際は仕事をしながら他施設に1週間程度研修に行くことは難しいでしょう。

公休を利用して見学させてもらいに行く、医療関係の栄養士会の研修に積極的に参加するといったことから始めましょう。

生涯教育を受講することも必須です。
転職する際に 認定栄養士の認定を受けているとかなり強みになるでしょう。

何か資格をと考えた場合、学会参加が単位につながるものもあるので、目的がはっきりした時点で関連学会へ所属しておくのも良いでしょう。

日々簡単にできるスキルアップとしては、例え勤めている職場で自分自身が行う必要がなくとも、

  • 糖尿病の食品交換表でざっと単位計算
  • たんぱく質計算
  • 塩分計算

ができるようになっておくようにしましょう。

引用元: 大日本住友製薬

保育園・幼稚園・学校

アレルギーに関して強いと喜ばれる職場です。

将来乳児、幼児、学童に対して「食育」など教育に従事していきたい場合、 日本アレルギー学会 などに入会して学びを深めておくと良いでしょう。

保育園・幼稚園・学校は栄養士1人職場になる可能性も高いのでー

  • 献立
  • 発注
  • 給食日誌
  • 日計表

ーなど給食管理関係の書類は入職後即行う必要に迫られるかもしれません。

給食経営管理の知識の習得に努めましょう。

結婚するまでに身につけておきたい資格やスキル

独身時代はイメージし辛いですが、結婚というのは人生においてやはり一大イベントであり、一つの節目になります。

生活が大きく変わる時であり、結婚するまでにやるべきこと、やっておきたいこと、できることをしっかりやっておくのが得策です。

管理栄養士の資格取得は短大卒業生には特に難関であり、 仕事をしながら結婚生活を送りつつ取得することは至難の業です。

また、勤めていると年々責任ある仕事を任されてきて日々の業務に追われ、勉強する時間を確保することが難しくなります。

なるべく若いうちに取得できるようにしましょう。

管理栄養士の資格を既に有する場合は、学会などの参加が取得単位に必要な認定資格などを取得するのも良いでしょう。

結婚すると他県への学会にはなかなか参加し辛くなります。

ただし、これからの時代は各種学会がそれぞれで認定している認定資格のみではなく、生涯教育制度で国民に認められる制度にする為の認定管理栄養士、認定栄養士の活躍が重要と考えられています。

「栄養の指導」が行えるレベルを、 「認定管理栄養士・認定栄養士」を誕生させ、質を担保しようという考えからです。

これからの社会で活躍する管理栄養士・栄養士のステイタスとなると思われるので、すぐにでも生涯教育の受講申し込みを行い、認定管理栄養士・認定栄養士に向けスキルアップに努めましょう。
まとめポイント!!

どの職域に移行、転職するにしてもー

  • 都道府県の 栄養士会 に入会すること
  • 生涯教育の講習を受講すること

ーは必須と考えましょう。

会に入会し研修会に参加することで知識の習得のみならず、ネットワーク作りにも繋がり、いざ転職を考えた際に情報提供してもらえることもあります。

無駄になることはありません。

また、管理栄養士の資格も必ず取得しておきましょう。

調理現場業務、簡単な事務仕事のみということは、時間に余裕はあるはずです。

そこはラッキーと受け止め、少しでも楽なうちに勉強をしておきましょう。

今すぐ必要ということではなく、数年単位での行動指針とし、それを踏まえて将来のステップとしましょう。

関連リンク

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP