1人職場が多い管理栄養士、栄養士。仕事どうやって覚えたの?

管理栄養士の烏丸さゆりです。

  • 新卒、現場経験が少なく1人職場で仕事を覚えるのに困っている管理栄養士、栄養士の人

に向けてお届けします。

対象の方は続きをお読みください。

エリアから求人を探す

学生の頃、栄養士として働くことへの不安は沢山あったと思いますが、就職した先で先輩栄養士や上司に業務内容や様々なことを教わりながら少しずつ習得していけば良いと考えていたと思います。

しかし、実際はー

チェック!!

「就職した先が一人職場で栄養士が自分しかおらず、教わることや学べる機会がない」

ーこともしばしばあります。

「前任者との引継ぎもなく、栄養士が自分1人の職場で働くときにどうやって仕事を覚えていったらいいのか?」

そんな栄養士の参考になればと思います。

目次

老人保健福祉施設の場合

老人保健福祉施設で50~100床程度あれば一人職場の可能性が高いです。

ただし、そのような老人保健福祉施設の場合、厨房業務がメインで栄養士業務はー

  • 発注
  • 献立
  • 在庫帳
  • 給食日誌

程度しかやる必要がない職場もしばしばみられます。

そのような場合はー

学生時代学習した「給食経営管理論」のテキストを再確認すれば大きく戸惑うことなく書類を作成することが可能です。

献立については、前任者が作成したものなど、過去のものを確認しながら給食委員会などで要望や意見が出た都度修正していけば問題ありません。

行事食など大きなイベントでの献立も過去のものが残っているはずなので、特に1年目はそれを利用すれば良いでしょう。

むしろ、厨房スタッフの作業能力を把握する前に献立を自分の オリジナリティを出そうと作成 してしまうほうが、現場からのクレームが出ることなどもありトラブルの元になることもあります。

発注の方法についても、老人保健福祉施設では意外と調理師の責任者が行っていることも多いので、そこの職場のルールを学びつつ、廃棄率などの計算についておさらいして行えばスムーズでしょう。

困惑するケースとしては「栄養ケア・マネジメント」業務について行わなくてはならない場合だと思います。

まずは、 介護保険について勉強 しておきましょう。

ネットなどから得られる情報でも良いでしょう。

栄養ケア・マネジメントの書類については厚生労働省 が作成しているフォーマットがあるのでそれを使用し、それに準じて記載していけば問題ありません。

「栄養ケア計画書」については、介護支援専門員の介護プラン作成のテキストなどを参考にさせてもらうのもおススメです。

計画書の作成の仕方についてのノウハウの介護支援専門員はプロなので教わりましょう。

計画書の同意の取り方についても、流れは各施設で異なるので介護支援専門員や相談員に聞いて確認しましょう。

介護保健関係の書類は監査の際チェックが厳しいので、流れを把握するのみならず、積極的に他の施設に見学に行くなどして具体的に学んでいくのが良いと思います。

病院の場合

100床以下の病院では栄養士1人配置のところも多いのが現状です。

医療監査で書類の不備は必ず厳しく追及されるので、「給食経営管理論」のおさらいは必須です。

そのうえで近隣の病院に作成書類の漏れがないか確認するくらいのことはしておく必要があります。

保健所など行政に提出する書類もあり、これは各都道府県で提出書式や提出時期などが多少異なるので近隣の病院や行政に直接確認するのも良いでしょう。

栄養指導やNSTカンファレス等については、自信がなければ NST稼働認定施設の栄養士の栄養指導や栄養カンファレンスの様子を見学させてもらえないか、 病院を通じて先方に依頼をしてもらいましょう。

NST稼働認定施設ではない施設では、見学はさせてもらえないことも多いようですが、時として受け入れてもらえることもあるので、直接先方に個人的に交渉するのではなく、然るべき立場の部署からきちんと交渉してもらいましょう。

都道府県の栄養士会や地区の栄養士会に入会するようにしたり、糖尿病療養指導士の受講を申し込むと、時として栄養指導のロールプレイングの研修などが開催されることがあるので積極的に参加しましょう。

同じ病院内の他職種から学べることも多いので、栄養士に直接関係のないカンファレンス(例:リハビリカンファレンス等)にも参加させてもらうことで、幅広く臨床の知識を習得していきましょう。

保育園の場合

かなりの高頻度で栄養士1人職場であることが多いのが保育園です。

保育園の栄養士の業務はー

  • 厨房業務
  • 献立
  • 発注
  • 栄養出納表
  • 食育計画書
  • 給食日誌

ーなどの書類作成などがあります。

保育士さんから情報が得られる職場もあります。

ベテラン保育士主任などに相談してみるのも良いでしょう。

また、各都道府県の子育て支援課などといった部署の管理栄養士に書類を教わりに行くことや、他の 保育園の厨房に入らせてもらい、 一連の書類について教わるなどは具体的で良いでしょう。

ただし、基本的な書類の作成の仕方については事前に自分でテキストなどで学習できるものは知識を入れておくことは最低限行っておきます。

見学先の栄養士の時間を割いてもらっていることは忘れてはいけません。

監査でチェックされる

  • 給食会議録
  • 喫食状況
  • 食品払い出し簿
  • 食中毒マニュアル
  • 食育計画書

等々についても具体的にどういうところをチェックされるか助言してもらうと監査の場で一人で対応する際も慌てることもありません。

都道府県の栄養士会に入会しても、保育園の栄養士向きの研修会はアレルギーや衛生管理関係が殆どで 具体的な書類作成について等はあまり企画されていないことが多いようです。

土曜日に営業している保育園も多く栄養士会に参加できないケースが多いことや、保育園で勤める栄養士向きの研修会が少ないせいか、栄養士会研修会に参加する保育園の栄養士はあまり多くありません。

そういう現状もあり、保育園の栄養士は栄養士会に入会しただけではネットワーク作りが難しいという声も聞かれます。

自ら積極的に行政の管理栄養士や近隣の保育園の栄養士とコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

まとめポイント!!

給食委託会社で1人職場に配属された場合は、 委託会社の栄養衛生課員などに連絡をすれば、大抵のことは教えてもらえます。

しかし、同じ都道府県に事業部がない給食委託会社の場合、その都道府県ごとの書類を把握していないケースもあるので、 栄養衛生課員から学んだことのみに留まらず近隣の関係施設の栄養士に確認するようにしましょう。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

エリアから求人を探す

関連ページ

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP