管理栄養士の現状と将来性

管理栄養士って将来はどうなっていくんだろうね?
日本の人口分布から見ても超高齢化社会の日本には管理栄養士の需要は非常に高いわね。直近でいえばオリンピック需要は必ず起こるでしょうね
そっか。それまでに管理栄養士になってオリンピック需要で経験も積む事も1つだね
えらい!マキコちゃん

ここでは管理栄養士の将来性について解説します。

管理栄養士の将来性

2020年には、東京オリンピックが我が国で開催されることからスポーツ栄養士の需要が大きくなるのではないのか?働ける場所が広がり必要性が高くなるのではと思います。

現状では、メジャーなスポーツのクラブやチームには、管理栄養士の活躍がありますが、まだまだ浸透していないのも現実です。

その1つの理由としては、スポーツ栄養士が少ないこともあります。

また、スポーツのクラブやチームに余剰なお金がないということもあります(専属の管理栄養士を雇うだけの資金は厳しい)。

本来、スポーツと食事や栄養は切っても切り離せない所がありますので、今後管理栄養士が活躍できる場所であることは間違いないと思います。

諸外国では、チームに専属の管理栄養士が所属していることも多いので、そのような職場環境になれば良いと思います。また、一流選手は、専属の管理栄養士がアドバイスしている場合もあります。

公認スポーツ栄養士になるには、管理栄養士の免許が土台にあります。

また、公認スポーツ栄養士は、公益社団法人日本栄養士会および公益財団法人日本体育協会の共同認定による資格です。

スポーツ栄養士になりたいと思うのであれば、この資格は取得していた方が良いと思いますし、学びの場所(ベーシック講習会)では、自分を成長させることができるのかと思います(情報の交換も行えます)。

2020年までは、この領域の需要性はあるのではないかと思いますし、管理栄養士のメジャーな職場になると良いと思っています。

我が国は長寿国ですが、健康寿命と約10年の開きがあります。

健康に暮らしていける手助けも管理栄養士が活躍できる働ける場所があると思います。

病院、福祉、そして、特別養護老人ホームなどの施設には、常勤や非常勤の管理栄養士が所属していることが多く必要性は今後高くなると考えらます。

「病気の予防」の視点からも管理栄養士の活躍の場所があると思っています。

地域で活躍する管理栄養士の活躍は、今後重要になると思っています。

例えば、健康レシピーを開発したり、発信したり、食品開発に繋げたりと広がっていくのではないかと思います。

例えば糖尿病患者はケーキなどを頻繁に食べて良い食品ではありません。

主食の感覚で食べられるケーキの試作なども管理栄養士ならではの視点で作成することが可能なのだと思います。

色んな仕事を探したい人は 管理栄養士・栄養士・調理師の求人転職サイト 募集採用の求人プロ をご覧ください。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

関連リンク

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP