調理師の給料。ボーナスや残業のこと。気になるお金の話を解説

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 調理師の給料が知りたい人

対象者の方は続きをお読みください。

ズバリ!調理師の月給はどのくらい?

給食の現場で働く調理師は、どのくらいのお給料をもらっているのでしょうか?

これまでに調理師を経験した人の話を聞くと「額面で30~40万円程度もらえて余裕があった」という声がある一方、「額面でも20万円ちょっと、手取りだと10万円台後半しかもらえなかった」という声も多く聞かれます。

年齢や経験年数による差はあるのかもしれませんが、それにしても金額が離れすぎています。一体なぜこのような差が生まれるのでしょうか?

答えは学校給食を取り巻く環境にあります。

かつて、学校給食は行政が直接運営するケースが多く見られました。

そのため、調理師は地方公務員の扱いとなり、初任給は低くても長く勤めていると昇給が行われ、比較的余裕のある生活が可能でした。

現在も自治体が直接雇用することがありますが、年々給食の外部委託が増え始めています。

民間でも初任給はあまり変わりませんが、昇給が望めないという傾向があります。

民間で働く調理師が増えたことから、上で記載したような給与格差が生じているものと思われます。

平均すると、 一般的な調理師の月給は額面で18~27万円程度 と言われています。

調理師の給料には地域間格差がある

上に記載した18~27万円程度という水準は、東京や大阪などの大都市圏の水準となります。

これが地方都市になると、15~24万円程度と、約3万円ほど低くなる傾向があるようです。

正社員でも初任給が13万円弱 というケースも見られ、この水準になるといかに地方で物価が安くても、かなり切り詰めないと生活が厳しいという現実があります。

ただし、一部の会社・事業所では寮を運営しているところもあるため、住居や電気・ガス・水道などの費用を抑えて生活することもできます。

給与が安いから働くのは諦めようと考えるのではなく、この給与からのスタートで自分はどのくらい仕事を好きで続けられるかを考えましょう。

給与のベースアップを望むためにも、まずは経験値を積まなくてはなりませんよ。

人には聞けない調理師のお金のギモン

求人広告に掲載されている金額だけでは、いまいち理解できないこともあるでしょう。

ここでは、賞与や手当など細かい条件を調べてみました。

ボーナスはでるの?

昨今、ボーナスが出ない民間企業も見られますが、調理師として給食関連企業に正社員として勤務した場合はボーナスがしっかりと出ることが多いようです。

会社によって異なりますが、「年2回、それぞれ2ヶ月分」といった水準が多く見られます。中には年3回支給する会社もあるようです。

ただし、ボーナスの条件がよい会社は、月々のベース給料が低めに抑えられていることに注意しましょう。

実際に働いている人によると「月々の給料が低すぎるから、ボーナスをもらわないと生活ができない」という声も聞かれます。

目先の金額で考えるのではなく、調理師は年収で判断 するとよいでしょう。

また、求人票にはボーナス支給と記載されていたが、実際にはボーナスが支給されずにトラブルになったという話しも多いです。

そのため、給料がボーナスの支給方法・支給額については求人票に記載されていたから確実にでると考えるのではなく、実際に勤務する前(面接時や説明会などで)に過去3年度分くらいの支給有無を確認しておくと良いでしょう。

少し聞きづらい内容の事柄ではありますが、雇用契約を結ぶ上では大切な事です。

事前に把握しておいて、互いに責務を果たせるようにしましょう。

このような聞きにくいことを転職エージェントがすべて請け負っています。
調理師の求人転職はこちらからご登録ください。

残業代は支給される?

残業が発生すれば当然残業代が支払われます。

また、早出手当などを設定している企業も多くみられます。

しかし、そもそも給食調理師の場合、あまり残業は発生しません。

ですから、 残業代を目当てにして月々の収支計算をするのは控えたほうがよい でしょう。

一部には「毎日サービス残業をさせられている」などという声もありますが、サービス残業を強いるような職場には長居してはいけません。
面接時に残業の有無と残業代についてはしっかりと聞くようにしましょう。  

昇給はあるの?

調理師の正社員採用の場合、通常年1回の昇給機会があることが多いようです。

ただし、 給食調理師の昇給はかなりシビア と言われています。

1,000~2,000円のみのアップということもめずらしくなく、これに対して不満を持っている現場の声は多く聞かれます。

一方、地方公務員として雇われた人の場合、年齢による加算がしっかりしているので、昇給額も比較的大きくなってきます。

社会保険が適用されていない事業所って違法?

給食調理を行っている事業所の場合、正社員であれば社会保険に加入することがほとんどだと思います。

社会保険とは「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」「介護保険(40歳以上から)」などを指し、給与から天引きして事業所が行政に納めているもの。

ところが個人経営の飲食店などの店舗では、「健康保険」「厚生年金」に加入をしていないところもあります。

健康保険・厚生年金の加入条件は、

  • 法人事業所であること
  • 個人事業所であり、常時5人以上の従業員を使用していること

この2つのどちらかに該当していれば社会保険に加入しなくてはなりません。

「個人事業所で常時正社員は5人働いているのに社会保険に加入してない!」と感じた方が意外と多いのではないでしょうか?

しかし、飲食店や理髪店などのサービス業、第一次産業、士業、宗教業などの「一部業種」が例外として任意加入でもOKとなっているため、個人経営の飲食店が社会保険に加入していなくても違法だとはいい切れないのです。

ただし、ケースバイケースですが独身だと、納める保険料は国民健康保険・国民年金のほうが高いのに、

  • 傷病手当がもらえない
  • 出産手当金がもらえない
  • 将来の年金額が低い

など、社会保険と比べるとデメリットが多いことも事実。
高い給与をもらっていても、手元に残る金額が少ないということが多々あります。

福利厚生の充実度は、今は特に必要性を感じていなくても急な病気やケガ、慶弔などで、その恩恵を受けることができるもの。

いざという時に役に立つ、安心できるほうが、その会社・事業所に在籍していてよかったなと感じるポイントだと思いますので、調理師として就職・転職の際には給与の善し悪しだけでなく福利厚生面についてもきちんと確認しておきましょう。

少しでもよい条件で働くのなら調理師資格取得を

これまで解説してきた通り、残念ながら給食調理師のお給料はよいものとは言えません。

地方公務員としての採用ならば昇給なども期待できるのですが、そもそも公務員は求人自体が非常に少ないという現状があります。

また、給食業務の外部委託を加速させる意向を表明している自治体が多いので、今後ますます狭き門になるものと思われます。

そうすると、民間で働くしか選択肢がなくなります。

お給料は決してよくありませんが、それでも調理師としてやっていきたいと思うのであれば、 少しでも手当を得るために資格を得ることをおすすめ します。

民間の中でも比較的条件のよい会社の場合、応募資格に「調理師もしくは栄養士の有資格者」という条件を設けていることが多く見られました。

資格がないと、パートとしてしか働けないことも多いので、これらの資格はできる限り取得しておくほうがよいでしょう。

また、調理師・栄養士の資格以外に「管理栄養士」や「食育インストラクター(1級・2級3級)」、「専門調理師」などの資格を取得すると資格手当がプラスで増える場合もあります。

さらに、スキルアップのための資格取得について会社が試験費用を助成してくれるところもあるので、活用してみるのも良いでしょう。

スキルアップをしたい人は調理師がスキルアップする為の資格取得は本当に役立つ?をご覧ください。

【調理師の本音】今の給料に満足している?使いみちは?

【満足しているという人の意見】

調理師の給与は安いですが自分が好きなことでお金が稼げているので不満はありません。手取りは16万円で、実家で暮らしているので毎月3万円を家に入れています。

毎月貯金もできているので、お金が貯まったら行く行くは一人暮らしをしたいと考えています。一人暮らしをする頃にはもう少し給料が上がってくれていれば良いです。
(給食調理、女性)

調理師学校を卒業後ホテルに就職しました。
大きい会社なので福利厚生も充実していましたし、なにより技術を身につけられるところが良いと思います。

確かに給料は安いですが、学校と違ってお金をもらいながら学べているのが嬉しいです。夜遅くまで勤務することもたまにありますが、慣れれば特になにも感じません。
(ホテル勤務、男性)

給料が時給月給なので働いた分だけ給料がもらえる。深夜割増もきちんと支払ってくれているので満足です。

ただ、正直勤務時間が長いと感じる時がある。特に私は社員として勤務をしているため、バイトの急な休みを自分が埋めないといけない時などは不満です。
(レストラン、女性)

【不満をもっているという人の意見】

調理師の仕事は鍋などを振っているシーンのイメージからカッコイイ職業と思っていました。

でも実際に働いてみると重いものを運んだり、掃除も多かったりと地味な作業が多い。鍋を振るのも力がいるし、労働の対価に給料が見合ってないと思う時がある。

給料は社会保険と税金が引かれて14万円。服を買ったり、自由に使えるお金がもう少し欲しいと思う時があります。
(レストラン、男性)

店長になって給料は増えたが、通常の社員より気持ち増えたのみ。

しかし、仕事量は倍に増えたので疑問に思っています。今は独身なので特に問題はないが、家族ができた時のことを考えるとこの職場で働き続けるて良いのか迷う。

ただ、料理をすることは好きなので、その点はオーナーと話し合いたいと思っています。(レストラン、男性)

手取り15万円。5万円の賃貸に住んでいるので生活がやっとです。

仕事がハードなので調理師なのに自宅では自炊ができていないし、生活コストが思ったよりかかっています。1年に1回でグンっとあがるわけではないですし、利益を努力次第で自由にあげられるところではないのが悩んでいます。
(病院施設、女性)

データ出典

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP