調理師。初めての職務経歴書。職務経歴書って何?と思う人へ

管理栄養士の烏丸さゆりです。

ここのコンテンツは下記の方に向けて作成しています。

  • 職務経歴書のポイントを知りたい調理師さん

対象者の方はお読みください。

エリアから求人を探す

一般的に採用選考の際に必要とされるのは履歴書です。

しかし、転職の際には履歴書とは別に職務経歴書と呼ばれる書類の提出を求められることが多くなります。

初めて転職する人が戸惑いがちな、職務経歴書の書き方について解説していきます。

目次

調理師の職務経歴書ってなに?

まずはインターネットで履歴書の画像を検索してみましょう。

履歴書は一般的に「名前」「住所」「生年月日」「学歴・職歴」「免許・資格」「志望動機」「趣味・特技」「本人希望欄」「通勤時間や配偶者の有無」などで構成されています。

職務経歴書はその名の通りー

「これまでどのような仕事を経験してきたか」

ーをまとめたもの。

つまり、履歴書の項目で言えば「職歴」部分をより細く採用担当者に伝えるものといえるでしょう。

調理師の職務経歴書で決まった書式はあるの?

履歴書には「JIS規格」が存在しています。

JIS規格に沿っていないものでも、似たような書式のものがほとんどです。

一方、 職務経歴書には決まった書式がありません。

会社側からどのような情報を記載するようにとの指定も滅多にないので、初めての人は少し戸惑ってしまうこともあるでしょう。

しかし、反対に考えれば自由に自己アピールができるので、書き方によってはライバルに大きな差をつけられます。

なお、履歴書の場合、まだ手書きで書くことが良しとされる傾向もありますが、 職務経歴書はパソコンで作ることが一般的 です。

スマホしか持っていないという人は、ネットカフェなどで作成することをおすすめします。

書式もフォント(字体)も自由ではありますが、あまり奇抜な形にしては悪目立ちするだけ。後述するサイトからフォーマットをダウンロードして、それを元に書くようにしましょう。フォントは明朝体がおすすめです。

職務経歴書のフォーマットをダウンロードできるサイト

職務経歴書をWordやExcelで一から作るのは手間がかかります。

そのため、以下のサイトから フォーマットをダウンロード することをおすすめします。

サイトは多数ありますが、こちらでは2つを紹介します。

「マイナビ ジョブ20’s」

大手転職支援サイト「マイナビ」が運営する20代専門の転職支援サイトです。

マイナビへの登録が必要ですが、履歴書と職務経歴書のフォーマットをWordファイルでダウンロードできます。

20代ならではの職務経歴書の書き方なども解説されているので、該当する人は登録してみるとよいでしょう。

「ルーシッド職務経歴書」

こちらはWordファイルなどをダウンロードするスタイルではなく、サイト上のフォームに必要事項を入力するだけで、最終的にPDFファイルでダウンロードできる形になっています。

ほかのダウンロードサイトと比べて見栄えの良いデザインが多いうえ、項目を埋めていくだけという簡単操作なので、Wordに慣れていない人にもおすすめです。

基本は無料+登録不要で使用できますが、プリントアウトをするなどのサービスを使うためにはいくらかのお金を支払わなければいけません。

無料でもPCでの閲覧やEメールでの添付は可能なので、プリントアウトの必要がない場合におすすめです。

調理師の採用担当者が見ているポイント。職務経歴書にどんな内容を書くべき?

前述の通り、職務経歴書には決められた書式がありません。

履歴書の職歴部分に書いた、これまでに勤務した会社に関する情報を詳しく書くというのが基本ですが、その際、おさえておきたいポイントがあります。

ここでは代表的なポイントを3つ紹介します。

企業概要

所属していた調理師会社に関する概要です。

どのようなジャンルの業務を行っていたかを記載します。

調理師とは関係のない仕事でも、ここで得た経験が生きることもある ので、しっかりと書いて自己PRにつなげましょう。

経験業務

職務経歴書の中でもっとも重要と言える項目が調理師としての経験業務です。

新卒採用以外で会社に入る場合、即戦力が求められることがほとんど。

そのため、 どのような規模や内容の業務を手掛けたことがあるかは、採用側がもっとも気にするポイント です。

調理師の場合、「1日何食程度の規模の業務を行っていたか」「どのような内容の業務を担当していたか」などを明確に書きましょう。

転職理由

調理師として前にいた会社をどんな理由で辞めたかは、採用側がかなり気にしていることです。

フォーマットにはこの項目は用意されていないことも多いのですが、 相手の気にすることをあらかじめ書いておくこと はアピールにつながります。

もちろん、ここにネガティブな理由を書くのは逆効果です。

たとえ「合わない人がいたから」といった理由があったとしても、「新しい環境で自分を試したくなった」など、少し遠回しの文言を選びましょう。

どうしても上手な文章が思い浮かばない場合は、「転職理由」の項目自体を削除してしまっても問題はありません。
しかし、 面接で突っ込まれることは多いので、答えは用意しておく ようにしましょう。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

施設に問い合わせてみる
栄養士の求人はハローワーク・ネット1番好条件求人があるのは?


HOME
に戻る


ページ
TOP