管理栄養士の各職域での求人倍率。倍率を知って対策をする

管理栄養士の烏丸さゆりです。

このコンテンツでは下記の方に向けてお届けします。

  • 職活動中の管理栄養士、栄養士、学生

対象者の方は続きをお読みください。

管理栄養士、栄養士として就職活動を行ううえで各職域の求人倍率を把握しておくと良いでしょう。

どの程度の求人倍率かを知ることでできる対策をしましょう。

目次

各職域の求人倍率

【病院】

直営の病院栄養士採用はとても人気で 求人倍率はかなり高率 です。

  • 地域
  • 規模
  • 仕事内容
  • 設置者(公立、民間)
  • 機能(一般、療養)
  • 募集時期等

によっても状況は大きく異なりますが、 5~50倍程 度の求人倍率と考えて良いでしょう。

ただし、産休代替要員等契約社員としての採用の場合求人倍率が低いこともあります。

栄養士の中でも病院栄養士は花形とも言われ、厳しいけれど一番栄養士らしい仕事ができるイメージが強いため人気の職域だと思われます。

また病院で勤めていることで、後に転職を考えた場合も 病院で培ったものはどこの職域でも通用しやすいことから有利なことが多い為です。

【老人保健福祉施設】

病院同様直営の栄養士採用は、病院栄養士ほどではありませんが人気が高いです。

給食部門を委託しているうえに直営での雇用となると、厨房業務に従事しないケースが多い(早番遅番勤務がないことが多い)ことからより人気があります。

加えて栄養ケア・マネジメント業務を行っている施設での募集は、老人保健福祉施設の中に於いて栄養士が力を発揮できる大きな部分を占めていることから倍率は高いことが多いです。

3~10倍程度 と考えましょう。

【食品メーカー】

保育園の栄養士に応募するのは殆どが新卒の栄養士、それも短期大学卒業が多いです。

調理、盛り付け業務がメイン業務となるうえに、保育士さんのような仕事もしないといけないという保育園も多く、また給料の割に仕事がキツイという職場も多く、離職率が高い職場とも言えます。

最近は「食育」に対する取り組みも熱心な職場も増えてきてはいますが、園長や理事長などトップの意識次第というところもまだ大きく、保育園の中での 栄養士の位置づけは決して高いものではない ようです。

そのような理由から求人倍率はあまり高くないようです。
募集が比較的多いこともあり、求人倍率は 1~5倍程度 です。

【給食委託会社】

食品メーカーでの栄養士の募集は、募集自体があまり多くないうえにとても人気の職域です。

求人倍率は 10~50倍 、大手の食品メーカーは 100倍超えとも200倍超え とも言われています。

栄養士になりたいという夢を持っている人も様々なタイプがあります。

進路として大きくは栄養指導や栄養管理、食育など人と関わりながら健康管理に貢献していきたいと考える人と、どちらかと言うと人と関わらず「もの」を対象とし、研究、実験、開発を行っていきたい人とあります。

第一希望のところで採用が決まると断る人が多いことから、募集人数より多めに採用される会社もあるようで、求人倍率はあてにならないとも聞きます。
まとめポイント!!

このように各職域によって求人倍率はその時々の条件や土地、規模、募集時期等によってかなり幅があります。

また、 同じ職域であってもその施設や企業の人気によっても異なります ので、あくまでも上記は参考までにしてください。

求人倍率やその理由を知ることで、自分にできる就職活動対策をしてみましょう。

求人倍率の高い企業を探したい人は栄養士管理栄養士求人転職プロへご登録ください。

すぐに選考に進むわけではありませんので、
お気軽にお問合せください。

1.キャリアアドバイザーからのサポート。あなたの条件にできるだけあった企業の紹介。入社までサポート。2.給料面などを代わりに交渉。直接的に言いにくい給料面の事や福利厚生のことなどを担当者があなたに代わって交渉します。3.すべて無料。面接対策から給料の交渉まですべて無料でサポートいたします。

関連リンク

エリアから求人を探す

関連 記事
HOME
お役立 情報
エリア 検索
求人 検索
条件 検索

施設へのご応募、問い合わせはこちらから

希望の求人を見つけたいなら
(登録無料)
転職エージェントの印象は?『栄養士の事よく知ってもらってます!』


HOME
に戻る


ページ
TOP