HOMEに戻る!!

栄養士の人が管理国家試験を受ける際の悩み

ここでは石川先生に栄養士から管理栄養士国家試験を受ける人の実際の悩みとインタビュ形式で回答して頂いています。 受験を考えている栄養士の人は見てね!

受験を考えている栄養士の人は見てね!

1つ目

勉強をする時間が足りないということです。特に、仕事をしている方は、 管理栄養士国家試験 を受験しようと思う1月~3月はできるだけ残業を減らし、「時間管理」をすることが必要になります。

通常のルーチンワークでいかに適切に業務の短縮を図るのかが重要となります (通常の仕事に流されず、自分で改善してみてください。)。時間管理は、余裕をもってすると成功しやすいと思います。

2つ目

勉強から長く離れている方がいると思います。そうしますと何から勉強したら良いのか?不安になると思います。違った見方をしてみましょう。

今の自分は国家試験の勉強ではないですが、働いているということは「社会の学習」をしています。この部分を学生時代に学習していたように、 受験に向けて取り組むことが重要になるかと思います。

3つ目

合格するかどうかと不安になります。 それは、受験をする方の誰もが襲われる不安です。どんなに合格率の良い大学(4年生)に通っていても、受験する方が絶対量の勉強をしないと合格はしません。

そう考えますと、勉強から遠ざかっている方はもっと不安に押しつぶされそうになると思います。

では、合格するための早道としては、何なのか?と考えますと、「試験を受けても合格できる」というだけ の絶対量の勉強をするしかないのです。

栄養士の免許を取得している方は、一定数の方が管理栄養士になることはできます。この一定数に入るためにも日々、国 家試験に向けての勉強量が重要となります。

ページTOPへ