HOMEに戻る!!

公衆栄養学の過去問解説と出題のポイントや
勉強法ガイドライン変更点



ここでは公衆栄養学の事について解説するわね。

効率よくする為にも力を入れる箇所は知っておくべきね。

ここでは公衆栄養学のー

ーこれらを解説していきます。

求人に関してお探しの方は 栄養士求人転職プロ をご覧ください。

公衆栄養学の出題傾向と重要箇所。

公衆栄養学は、幅広い知識が問われています。過去5年間で、出題が多かったのはー

  • 栄養政策(出題頻度平均:6題)
  • 公衆栄養マネジメント(出題頻度平均:6題)
  • 栄養疫学(出題頻度平均:5.4題)
  • 健康・栄養問題の現状と課題(出題頻度平均:3題)
  • 公衆栄養学プログラムの展開(出題頻度平均:1.8題)
  • 公衆栄養の概念(出題頻度平均:1題)

ーとなっています。

栄養政策では、栄養士関連業務の区分分けを明確に覚えるとともに、健康増進法の目的と基本方針及び概要を確認するとともに栄養士法を把握しておくこと。

さらに国民健康・栄養調査の概要及び調査の内容を理解しておくことが大切です。公衆栄養マネジメントでは、アンケート調査方法を理解するとともに、 公衆栄養アセスメントに用いる主な既存資料を把握しておくこと。

また、公衆栄養プログラムの長期・中期・短期目標を理解することが大切です。 栄養疫学では、主な食事調査の方法と特性を理解することが大切です。

公衆栄養学で高得点を取るための勉強法、捨てても良い分野。

公衆栄養学の関連科目としては、 食べ物と健康 栄養教育論 給食経営管理論 が挙げられます。それざれの科目と関連づけて学習することで、より分かりやすく理解することができます。

公衆栄養学は出題項目数が少ない事もあって、どの項目からもまんべんなく出題されています。したがって、どの項目も勉強する必要があると思います。

しかし、5年間の出題頻度からみて、出題頻度が少ないのは、 公衆栄養の概念についての項目ですからあまり力を入れて勉強することはないと思います。

勉強が苦手な人へ。

管理栄養士の公衆栄養学は、覚えることが多いので大変でしょうが、まず栄養政策のー

  • 「わが国の公衆活動」
  • 「公衆栄養関連法規」
  • 「国民健康・栄養調査」
  • 「諸外国の健康・栄養政策」
  • 「わが国の管理栄養士・栄養士制度」
  • 「実施に関する指針と地方計画」

ーの 順に学習していくことで 理解しやすくなります。

また理解度を試すためには、模擬テスト(学習し)を受けに挑戦し、誤っていた回答したところを自分なりに解説を加え、正しく覚えていくことで、勉強がしやすくなります。 過去問 は必須で5年間分は行いましょう。

関連リンク

ページTOPへ