HOMEに戻る!!

公衆栄養学の過去問解説と出題のポイントや
勉強法ガイドライン変更点



ここでは公衆栄養学の事について解説するわね。

効率よくする為にも力を入れる箇所は知っておくべきね。

ここでは公衆栄養学のー

ーこれらを解説していきます。

公衆栄養学の出題傾向と重要箇所。

公衆栄養学は、幅広い知識が問われています。過去5年間で、出題が多かったのはー

  • 栄養政策(出題頻度平均:6題)
  • 公衆栄養マネジメント(出題頻度平均:6題)
  • 栄養疫学(出題頻度平均:5.4題)
  • 健康・栄養問題の現状と課題(出題頻度平均:3題)
  • 公衆栄養学プログラムの展開(出題頻度平均:1.8題)
  • 公衆栄養の概念(出題頻度平均:1題)

ーとなっています。

栄養政策では、栄養士関連業務の区分分けを明確に覚えるとともに、健康増進法の目的と基本方針及び概要を確認するとともに栄養士法を把握しておくこと。

さらに国民健康・栄養調査の概要及び調査の内容を理解しておくことが大切です。公衆栄養マネジメントでは、アンケート調査方法を理解するとともに、 公衆栄養アセスメントに用いる主な既存資料を把握しておくこと。

また、公衆栄養プログラムの長期・中期・短期目標を理解することが大切です。 栄養疫学では、主な食事調査の方法と特性を理解することが大切です。

公衆栄養学で高得点を取るための勉強法、捨てても良い分野。

公衆栄養学の関連科目としては、 食べ物と健康 栄養教育論 給食経営管理論 が挙げられます。それざれの科目と関連づけて学習することで、より分かりやすく理解することができます。

公衆栄養学は出題項目数が少ない事もあって、どの項目からもまんべんなく出題されています。したがって、どの項目も勉強する必要があると思います。

しかし、5年間の出題頻度からみて、出題頻度が少ないのは、 公衆栄養の概念についての項目ですからあまり力を入れて勉強することはないと思います。

勉強が苦手な人へ。

管理栄養士の公衆栄養学は、覚えることが多いので大変でしょうが、まず栄養政策のー

  • 「わが国の公衆活動」
  • 「公衆栄養関連法規」
  • 「国民健康・栄養調査」
  • 「諸外国の健康・栄養政策」
  • 「わが国の管理栄養士・栄養士制度」
  • 「実施に関する指針と地方計画」

ーの 順に学習していくことで 理解しやすくなります。

また理解度を試すためには、模擬テスト(学習し)を受けに挑戦し、誤っていた回答したところを自分なりに解説を加え、正しく覚えていくことで、勉強がしやすくなります。 過去問 は必須で5年間分は行いましょう。

公衆栄養学の過去問解説

ここでは公衆栄養学の過去問解説を3年分無料で公開しています。 かなり詳しい解説がありますので真剣に合格を目指したい人は活用してください。

聞いてもらって分かるように、そんなにビックリするほど変化はないと思ってもいいわよ。

安心したわ。

最後にも書いたけど第30回ではどうなるかは分からないからきっちり対策はしておくべきね。 特に新しい分野はね。

ワイルドに了解です!

なにそれ(笑)

平成20年度版 管理栄養士 公衆栄養学の過去問
20-151

公衆栄養学の概念に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-152

社会調査法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-153

ある地域において、健康・食生活上の課題についてコミュニティオーガニゼーションを通して解決することになった。この場合、行政の関わり方として正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-154

ある地域集団の肥満者の割合を低下させるという長期目標がある。この場合の短期・中期目標として正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-156

保健所を設置していない市町村における行政栄養士の役割についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
20-157

市町村における母子保健対策に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
20-158

外食料理の栄養成分表示を推進する事業における、保健所管理栄養士の取り組みについての記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-159

公衆栄養プログラム計画を策定する際の留意すべき点である。誤っているのはどれか。

解説を見る
20-160

保健所が特定給食施設での栄養管理について指導・支援をおこなう場合、結果評価の指標として、正しいのはどれか。

解説を見る
20-161

100人の対象者で各人12日間の食事記録をおこない、栄養素毎に摂取量の個人内、個人間の変動係数(Ⅳ%)を算出した。炭水化物の個人内変動は30%、個人間変動は15%であった。ビタミンAの個人内変動は100%、個人間変動は30%であった。この調査に関する記述として、正しいのはどれか。

解説を見る
20-162

食事調査法についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
20-163

食品群別摂取量の変化についての記述である。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-164

国民健康・栄養調査に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
20-165

「健康日本21(第2次)」に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
20-166

「食事摂取基準(2010年版)」の指標に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-167

個人レベルで「食事摂取基準(2010年版)」を活用するに当たっての基本的考え方に関する記述である。誤っているのはどれか。

解説を見る
20-168

ある人の習慣的などタミンCの摂取量が100mg/日であった。「食事摂取基準(2010年版)」では、ビタミンCの推定平均必要量は85mg/日、推奨量は100mg/日である。この人が、必要量を満たしている確率として正しいのはどれか。

解説を見る
20-169

ある特定地域の20歳代の男性集団において、鉄の習慣的な摂取状況について把握したところ、「食事摂取基準(2010年版)」における推定平均必要量未満の者の割合が10%、推奨量未満の者の割合が30%、耐容上限量以上の者の割合が2%であった。この結果から、アセスメントを実施し、以下の判断を行った。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
20-170

国際的な健康・栄養問題に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
平成21年度版 管理栄養士 公衆栄養学の過去問
21-151

公衆栄養に関する用語の説明である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-152

食生活状況調査における質問法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-153

栄養指導員が特定給食施設指導の計画をするにあたって、事前に行う事項である。誤っているのはどれか。

解説を見る
21-154

A市では、糖尿病の患者および高リスク者を対象に、公衆栄養上の対策を計画した。短期目標として正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-156

公衆栄養活動における地域の社会資源の役割についての記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-157

特定健康診査・特定保健指導に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-158

市町村または保健所の行政栄養士が取り組む障害者に関する事業である。誤っているのはどれか。

解説を見る
21-160

食事摂取量を反映する生体指標に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-161

24時間食事思い出し法の長所に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-162

ある地域における栄養疫学研究に関する記述である。[ ]に入る正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-163

平成22年の我が国の健康指標に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
21-164

平成22年国民健康・栄養調査結果に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
21-165

我が国の食環境に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
21-166

栄養・食生活関連法規に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
21-168

A氏(35歳、男性)の1週間の食事記録から、ビタミンAの摂取量を調べたところ1日当たり平均650mgREであった。「食事摂取基準(2010年版)」では、30~49歳男性のビタミンA推定平均必要量、推奨量および耐容上限量は、それぞれ550、750および3,000mgRE/日である。A氏が必要量を満たしている確率として妥当なものはどれか。

解説を見る
21-169

「食事摂取基準(2010年版)」におけるエネルギーに関する記述である。誤っているのはどれか。

解説を見る
21-170

諸外国の健康・栄養問題の現状に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
平成22年度版 管理栄養士 公衆栄養学の過去問
22-151

公衆栄養活動に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-152

公衆栄養活動に必要な統計データとこれらが掲載されている調査報告の対応である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-153

住民参加型プログラムに関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-154

公衆栄養プログラムの運営面のアセスメントに関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-156

平成20年度から施行される「生活習慣病予防のための特定健康診査及び特定保健指導」に関する記述である。誤っているのはどれか。

解説を見る
22-157

介護保険法に基づく地域支援事業に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-158

T社は、メタボリックシンドロームを有する社員を対象に、食事と運動からなる支援プログラムを6か月間実施した。その内容は、教育講演1回、個別保健指導2回であった。経過(プロセス)評価の指標として、正しいのはどれか。

解説を見る
22-159

栄養疫学に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-160

食物摂取頻度調査法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-161

ある集団の総エネルギー摂取量(x)とたんぱく質摂取量(y)の間に、 y=0.03x + 20の回帰式が成り立った。この集団の平均エネルギー摂取量は2,000kcalである。Aさんの残差法によるエネルギー調整たんぱく質摂取量を算出した。正しいのはどれか。ただし、 Aさんのエネルギー摂取量は2,500kcal、たんぱく質摂取量は115gであり、上記の回帰式に代入すると残差が20gと計算されている。

解説を見る
22-162

国民栄養調査(現国民健康・栄養調査)からみた昭和50年から現在に至る食生活の変遷に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
22-163

我が国の食料需給表に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-164

栄養士法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
22-165

国民健康・栄養調査に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
22-166

「健康日本21(第2次)」と地方計画策定に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
22-167

食育基本法についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
22-168

栄養関連業務とその業務を規定する法律に関する組合せである。正しいのはどれか。

解説を見る
22-169

「食事摂取基準(2010年版)」の各指標を理解するための模式図である。解説として正しいのはどれか。

解説を見る
平成23年度版 管理栄養士 公衆栄養学の過去問
23-157

公衆栄養活動の推進に必要な地域社会資源の管理についての記述である。誤っているのはどれか。

解説を見る
23-158

公衆栄養プログラムの評価に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-159

ある集団を対象に身体状況調査と食事摂取状況調査を、ある一時点で実施した結果、図のような結果が得られた。図から読み取れることとして、正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-160

国民健康・栄養調査の方法についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
23-162

近年の国民健康・栄養調査結果に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
23-163

食料自給率に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-164

食育推進基本計画に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-165

「健康日本21(第2次)」と地方計画策定に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-166

栄養士法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-167

健康増進法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-168

下記の表は、ある集団(男性、70歳以上)の栄養調査によるビタミンB1摂取量の分布である。「日本人の食事摂取基準(2010年版)」を用いた集団の評価(アセスメント)として、正しいのはどれか。ただし、男性、70歳以上のビタミンB1の推定平均必要量は1.0mg/日、推奨量は1.2mg/日である。

解説を見る
23-169

「日本人の食事摂取基準(2010年版)」に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
23-170

国際栄養についての記述である。誤っているのはどれか。

解説を見る
平成24年度版 管理栄養士 公衆栄養学の過去問
24-151

公衆栄養活動に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-152

社会調査法に用いられる統制観察に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-153

公衆栄養活動のための情報源に関する組合せである。正しいのはどれか。

解説を見る
24-154

公衆栄養プログラム計画に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-156

公衆栄養プログラムと社会資源の関係についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-157

特定健診・特定保健指導における特定保健指導に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-158

A市では、肥満予防教室を月2回、4か月にわたって実施している。プロセス(過程)評価として正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-159

「標準的な健診・保健指導プログラム(確定版)」による評価に関する組合せである。正しいのはどれか。

解説を見る
24-160

個人及び集団の食事摂取量に関する基本的な考え方の記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-161

疫学研究における食事摂取量の測定方法に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-162

下図は、ある集団のエネルギー(x軸)と脂質(y軸)の1日当たりの摂取量の関係を示したものであり、直線?(エル)はxとyの回帰直線である。この集団の平均値は、エネルギー2,000kcal、脂質60gであった。Aさん(▲印)、Bさん(◆印)のエネルギー、脂質の摂取量を図中に示した。残差法に関する記述として、正しいものの組合せはどれか

解説を見る
24-163

「国民・栄養調査結果(平成22年)」に示された高齢社会の健康・栄養問題に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-164

「国民健康・栄養調査結果(平成24年)」に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-165

栄養士法についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-166

健康増進法についての記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-167

「日本人の食事摂取基準(2010年版)」に関する記述である。正しいのはどれか。

解説を見る
24-168

ある地域集団1,000人(男性、30~49歳)のたんぱく質の平均摂取量は75gであり、10、25および50パーセンタイル値はそれぞれ50g、60gおよび78gであった。ただし、この性・年齢におけるたんぱく質推定平均必要量は50g、推奨量は60gである。この集団において、たんぱく質摂取量が不足していると推定できる者の割合として、正しいのはどれか。

解説を見る
24-169

下図は、主要国の食料自給率(カロリーベース)の推移を示している。A~Dに該当する国として、正しいものの組合せはどれか。

解説を見る
24-170

公衆栄養における国際機関に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

解説を見る

ページTOPへ