HOMEに戻る!!

第2話実録、管理栄養士国家試験合格へ向けて勉強実況中継!

このブログは 当社が制作している管理栄養士国家試験対策講座で勉強しながら合格を目指す「実録」実況中継勉強第2弾です。
この講座は映像授業を見ながら勉強をするので全国どこからでも勉強できるものです。

(詳細、販売日程はまだ秘密)その講座で国試対策勉強をして頂いております。

果たして本当に合格が出来るのか!?感想はどんなもんのなのか?

定期的に報告していきたいと思います。

今週は先週からの引き続きで食べ物と健康のテキスト確認作業を行いました。

国家試験チャレンジャーNO.2

氏名:池田 尚美

受験回数:1回

年齢:29歳

出身地:長野県

苦手分野:人体・疾病

外食・カフェ勤務・病院栄養士

総合食品卸メーカー OL

今まで落ちたと思われる理由

勉強をする習慣と意識付けがうまくいかなかったこと

試験に向けて一言

合格とその先を目指して 頑張ります!

テキストを読み進める中で気になった用語は調べながら、テキストの中で訂正箇所を見つけたら控える作業をしながら、テキストを読み進めています。

ー続ける中で見えてきたことは今大体1時間で3~4ページ進むくらいのペースであること。

その中で感じたのは言葉の単語の理解がまだまだ乏しいということ。

特に物質の名前や、酵素の名前、それぞれの役目が頭の中で繋がらないので、理解がとぎれとぎれになっている感じがしました。

例えば脂。

物質の構造が理解できていないので文章を読んだときにいまいちイメージができませんでした。

また言葉の理解、一価脂肪酸とは?不飽和脂肪酸とは?・・・

わかっているようでまだ知識として定着していないという気がしました。

他の単元との関わりも多い部分なのでつながりを意識しながら今後再度理解を深めていきたいです。

そして今週は、取り入れた内容が、どういった形で出題されるのかその内容ごとの過去問を見返す作業も取り入れました。

とりいれた知識が、どういった形式で問われるのか確認してみてみると、

自分がココは必要と思ったところとは違う視点から問われていたりという発見もありました。

取り入れることも大事だけれど、学んだことを使って問題を解いていく力を並行してもっとつけていきたいと思いました。

このやり方で進めると、面白いのは、勉強したところは素直に解ける、まだやっていないところは、聞かれている意味すら分からないという現象が起きることです。

試験勉強は自分との闘い。解けない問題の比率の方がまだまだ多くても、やればできる、勉強すれば解けるという小さな成功体験が少しずつ自信となり、やる気の素にもなるのかなと感じています。

今週は先週に比べ、勉強に向かう意識が強くなりました。

今の一つの悩みは勉強場所の確保。

自宅でできるのが一番良いのですが、やはり家に帰ってしまうと休みモードに入ってしまう自分がいるのと帰った途端ほっとし、どっと疲れが出てしまうのです。

職場の近くなどで勉強してから帰るという習慣をつけたいと思い、できそうな場所を探しています。

今後は、数時間といったまとまった時間が取れないときもすきま時間をうまく活用する方法などを工夫をしながら、日常の中に勉強の習慣を根付かせて行きたいです。

池田尚美

ページTOPへ